真昼はチーズ入りお好み焼き!チーズが入っているだけでだし汁が全然違う

今日の昼飯は母体の作ったチーズ入りお好み焼き。

のべつ昼飯は残り物のご飯を温めて取るか、自分でラーメンやうどんを決めることが多い。

今日は納豆ご飯といったサラダで済ませようとして台所に向かうと、マミーが珍しく作っている。

基本的にミッドナイトご飯を作ってあとは好きなものを好きな時間に食べてね!という所感なので、賞賛。

母体のごちそうは腹八分目を守って作られているので限定は食べられない。体躯を考えて薄味が第一歩。こんなプラスを以て掛かる。

わずか物足りないということもあるけど、薄味が好きなのでありがたい♪

今回のお好み焼き、母体のごちそうとしては珍しい。お好み焼きといえば、小さい頃から男が一生懸命作ってくれたので男のごちそうという姿。

ツール材がキャベツだけで一般に合わせたマヨネーズという醤油がかかっていらっしゃる。若しくは、ネギの漁ご時世はキャベツにネギが来るのが男のお好み焼き。

今回、母体が作ったお好み焼きは、タレが男そっくりに復元されていらっしゃる。ツール材はかにかまぼこ、キャベツ、ネギ、水菜、えのき、じゃがいも、チーズって満載。

チーズを概して使わない家で育ったのに、ごちそう講演の影響で3ヶ月前から頻繁にチーズを使うようになった。

チーズが入っているだけで薄味もとても物足りないなんてことがないし、美味しくておかわりしたくなる。

チーズの入ったハンバーグとかチーズ入りパスタとかを広告で見て、以前は望ましいのかな?って事柄だったし、ファミレスをめぐってもチーズ入りだけは避けていたのに、今になって良さがわかるようになってきた。歯を白くしたいと悩むんだら・・・興味ある方はこちらから