正午はチーズ入りお好み焼き!チーズが入っているだけで舌触りが全然違う

今日のLunchは婦人の作ったチーズ入りお好み焼き。

いつもLunchは残り物のご飯を温めて食べるか、自分でラーメンやうどんを形づくることが多い。

今日は納豆ご飯といったサラダで済ませようとして台所に向かうといった、母が珍しく作っている。

基本的に晩ご飯を作ってあとは好きなものを好きな時間に食べてね!という景色なので、驚き。

婦人のメニューは胃腸八分目を守って作られているので限界は食べられない。頑丈を考えて薄味が規定。こうした特徴をもちまして掛かる。

なんとなく物足りないということもあるけど、薄味が好きなので好ましい♪

今回のお好み焼き、婦人のメニューとしては珍しい。お好み焼きといえば、小さい頃から父親がたっぷり作ってくれたので父親のメニューという雰囲気。

ツール材がキャベツだけで表層に合わせたマヨネーズって醤油がかかって起こる。又は、ネギの収穫季節はキャベツにネギがまわるのが父親のお好み焼き。

最近、婦人が作ったお好み焼きは、タレが父親そっくりに再燃されている。ツール材はかにかまぼこ、キャベツ、ネギ、水菜、えのき、じゃがいも、チーズといった盛りだくさん。

チーズを主として使わない家で育ったのに、メニューレッスンの影響で3ヶ月前から頻繁にチーズを使うようになった。

チーズが入っているだけで薄味もとっても物足りないなんてことがないし、美味しくておかわりしたくなる。

チーズの入ったハンバーグとかチーズ入りパスタとかをPRで見て、以前は旨いのかな?って質問だったし、ファミレスをめぐってもチーズ入りだけは避けていたのに、今になって良さがわかるようになってきた。青汁人気の飲みやすいのはこれだった。青汁苦手な筆者が飲んで試してみた