悪夢は何でも悪夢という今日の睡魔です

だから召使い部屋って面倒でお断りよと自分はいつも思うのですけれど、無料でごはんから風呂から使わせて頂けるし、この生活がずっと続くわけでもないですし、まあどうにもなると思った方が良いでしょうね。
それはさておき、今日、これからしばらく寝ようと思います。
理由としては、4ら起きた時、寒くなってきて、小用で起きたわけですが、家中起きたのですね。
それもかなりの悪夢も、三人同じだったようです。
悪夢対策としては、頭を現実に戻すといいますか、何も考えないのではなくて、何か考えていて、今ここにいるのが現実だよなという風に考えると、すっと忘れていくものなのですけれどね。
母親の夢というのは、何でも真面目で、自分が母親にかけて、「母ー! 助けてー!」と絶叫を通じて、横ばいになりながら追いかけてきたはだったらしいのですが、それってなんだよっていうのは、悪夢は年甲斐説明でしかありませんね。
内容がどうでもないんですよね。くまもんが、踊っていたでも、いなりんが泳いでいたでも悪夢って言ってしまったら、悪夢なんですよ。
それで怖かったらしいのに加えて、全て、小用によるに関してらしいです。

いつも思う事ですが、自分がシニア化しすぎているように思えるんですよね。
中年から中高年になってないか自分という事があります。
それではいけないと思いながら、親とほぼ9割顔を突き合わせていないせいか、おじさんな自分でした。息ピュアの飲み方で120%効果が変わるって知っていた?